様々なデザインがある白衣~看護師に欠かせないアイテム~

2人の女医

動きやすくて清潔感のある

ナース

病院の看護師の白衣と言えばワンピーススタイルが定番でしたが、最近は動きやすさを重視したスクラブの白衣を着用するところが増えています。今の看護師の白衣に多いのはケーシーやスクラブのように、非常に動きやすさを重視したものが増えています。

Read More

最近の病院に変化

看護師

昔と風景が変わった病院

病院に長く通っていらっしゃる方なら、よくご存じのことかと思われますが、最近の病院の看護師さんは、昔からある白衣に白い帽子という姿ではありません。紺色やえんじのような色のユニフォームを着ていたり、女性の看護師さんも、動きやすさ重視のためか、以前のワンピース型ではなく、スラックス姿の方が多く見受けられます。白衣を見ると、緊張してしまい、いつもより血圧が上がってしまう患者さんがいたり、お子さんによっては白衣に抵抗感があったり、また重労働の看護師さんにとって、動きやすい服装であることを重視しだす病院が増えていて、大きな病院ではこういった傾向がよく見られます。清潔感のある白い白衣ではありますが、色の付いた白衣が増えたことで、病院内に温かみが出る効果もあったようです。ですから、もし病院内の雰囲気を変えたいと思っているのであれば、色の付いた白衣を購入してみるのも良いでしょう。さらに機能性に優れているものを選べば、スタッフの作業効率も上がることでしょう。

ユニフォームは目印

一方で、どの方が医療関係者なのか判断がつかない患者さんもおられるであろうことも考えてあるようで、色のある白衣でも、デザインはオーソドックスな形でできていて、白でなくとも不思議と看護師さんの区別はつくのです。ユニフォームとはそれを着ている人が、所属先もわかるような仕組みになっていて、さらに人の命がかかわっている場である病院においては、一目でその職場の人間だと、わかるような目印になっていないと意味がありません。そのため、皆にわかりやすいデザインで、しかも機能的な白衣が生まれたのでしょう。働く側も、そこを利用する側も、納得のいく形を作ったのが最近の病院の風景と言えるでしょう。白い色だけでは緊迫感が漂っていたのが、入りやすく温かい印象の場に変わったことで、治療を受ける側のメリットも多くあるのです。

動きやすさを重視して

ナース

看護師の衣装として定番の白衣は、しかしながら昔は詰襟にスカート、ナースキャップにサンダルという格好が定番でしたが、最近では機能性などを重視したスタイルに変化しており、男性の看護師も増えたことからパンツスタイルが主流となっています。

Read More

医療関係者の着衣

医者と看護師

ネットショップでは、医師や看護師の白衣やスクラブの手術衣などを販売している。ネットショップは実店舗よりも値段が安いことが多く、医療関係者の着衣をお得に購入することができる。ネットショップでは、動物病院の医師用の白衣や整体師が着用する白衣なども販売している。

Read More